パワプロのやつ

パワプロ2018の再現選手とか

作成選手一覧

タイトル通りです。

基本的に球団・ポジション別で投稿順に並べてあります。

球団の並びは何となく2015年の順位(圧倒的に選手数の多いヤクルトを一番上にしたかった)。

 

東京ヤクルトスワローズ

投手

ホアン・アイケルバーガー

永川英植

鈴木康二朗

ロス・オーレンドルフ

マーク・エーカー

西村龍次

宮本賢治

尾花高夫

安田猛

ケビン・ホッジス(2001)

藤井秀悟

前田浩継

石井一久(1993)

石井一久(2001)

松田慎司

高津臣吾(スローシンカー)

山本樹

河端龍(2001)

五十嵐亮太(2001)

石井弘寿(2001)

山部太(2001)

島田直也(2001)

クリス・ナーブソン

松岡弘

カイル・デイビーズ

ジェイソン・ベバリン

ルイス・ペレス

李恵践

ティム・バートサス

エウロ・デラクルス

木田優夫(2006、カイダー)

館山昌平(2015、不屈の魂)

ジェイソン・ハッカミー

テリー・ブロス

クリス・ラルー

伊藤智仁

山田勉

伊東昭光

内藤尚行(1993)

捕手

米野智人

古田敦也(2001)

小野公誠(2001)

内野手

レックス・ハドラー

大野雄次

宮本慎也(2001)

ロベルト・ペタジーニ(2001)

岩村明憲(2001)

土橋勝征(2001)

三木肇(2001)

池山隆寛(2001)

度会博文

度会博文(2001)

カルロス・リベロ

ディーン・グリーン

ボブ・ホーナー

ジョシュ・ホワイトセル

デーブ・ヒルトン

ジェイミー・デントナ

ウィルソン・バルデス

ヘンスリー・ミューレン

エリック・アンソニー

トーマス・オマリー(1995)

ボビー・マルカーノ(1983)

ジョニー・レイ

グレッグ・ラロッカ(2006)

ジャック・ハウエル(1993)

アダム・リグス

トレイ・ロブロ

川端慎吾(2015、芸術的流し打ち)

外野手

チャーリー・マニエル

ドゥエイン・ホージー

デーブ・ロバーツ

ハ・ジェフン(投手能力有)

荒井幸雄

城友博

福地寿樹

真中満

稲葉篤紀(2001)

アレックス・ラミレス(2001)

副島孔太(2001)

橋上秀樹

ジョン・スコット

ロジャー・レポーズ

 

読売ジャイアンツ

投手

クライド・ライト

堀内庄

マリオ・ブリトー

ホセ・パーラ(1999)

内野手

広岡達朗

外野手

加治前竜一

 

阪神タイガース

投手

中田良弘

部坂俊之

若生智男

葛西稔

ボブ・マクドナルド

桟原将司(2004)

トレイ・ムーア(SSS)

ケーシー・フォッサム(フォッサム・フリップ)

藪恵壹(1998、パックル)

源五郎丸洋

クリス・リーソップ

捕手

木戸克彦

内野手

ウィリン・ロサリオ(友人査定シリーズ)

外野手

金子誠一

高井一

田中昌宏

レオン・マックファーデン

 

広島東洋カープ

投手

宮﨑充登

小山田保裕(2005、スカイシュート)

金石昭人

リゴ・ベルトラン

内野手

ソイロ・ベルサイエス

外野手

嶋重宣

西田真二

スコット・マクレーン(2009)

 

中日ドラゴンズ

投手

今中慎二(超スローカーブ)

ネルソン・パヤノ

捕手

中野栄一

小山良男

 

横浜DeNAベイスターズ

投手

エンジェルベルト・ソト(DeNA時代)

佐藤政夫

及川宣士

平岡一郎

マイク・バークベック

グルン(二刀流)

スコット・チャイアソン

ホセロ・ディアス

捕手

伊藤勲

福嶋久晃

外野手

ネフタリ・ソト(友人査定シリーズ、アーチスト)

田中一徳

シクスト・レスカーノ

 

福岡ソフトバンクホークス

投手

西川佳明

中条善伸

劉瀬章

濱涯泰司

和田毅(2010、ホイップクリームカーブ)

リッチ・ゴセージ

内野手

若井基安

外野手

ケビン・ライマー

 

北海道日本ハムファイターズ

投手

バール・スノー

新美敏

赤根谷飛雄太郎

パット・フリューリー

内野手

高代延博

 

千葉ロッテマリーンズ

投手

愛甲猛(投手時代)

川井貴志

マニー

外野手

岡部明一

 

埼玉西武ライオンズ

投手

涌井秀章(1年目)

若生忠男

安部和春(アベボール)

内野手

行沢久隆

中村剛也(2019、恐怖の満塁男)

外野手

安部理

 

オリックスバファローズ

投手

ドン・シュルジー

内野手

ジェームス・ボニチ

外野手

丸毛謙一

タイゲイニー

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

 

大阪近鉄バファローズ

投手

背尾伊洋

ボブ・ミラッキ

ルイス・アキーノ

内野手

阿部真宏

外野手

柳原隆弘

 

実在 その他

福岡堅樹

 

サクセス・パワプロアプリ

星井スバル(10球勝負)

みんなの里崎(モシャプロくん)

大泉版・真中(モシャプロくん)

 

漫画・ゲームキャラ

ヤムチャ(ドラゴンボールZ,超)

桑原和真(幽☆遊☆白書)

乱童(幽☆遊☆白書)

ホーム乱太郎(ホーム乱太郎)

 

オリジナル

漢康(第4回合同リクエスト)

片岡志騎(第5回合同リクエスト)

橋田繁(第6回合同リクエスト)

京極匠(第7回合同リクエスト)

宮沢優人(第1回合同テーマリクエスト)

増渕隆一(第2回合同テーマリクエスト)

 

その他の選手(架空カテゴリ一覧に飛びます)

第1回打順決めに参加してきました

 

詳しくはこちら

企画 第1回打順決め - senのパワプロ日記

 

僕の考えたら打順はこれだ!f:id:glasses_ghost:20200401225252j:image

 

1番 R.R.畠山

f:id:glasses_ghost:20200401225306j:image

これはビビっと来ましたね。

宮永とどちらにするか悩みましたが己の感性に従いました。

 

2番 白鳥

f:id:glasses_ghost:20200401225414j:image

元々2番か8番で起用する選手というコンセプトで作ったので。

 

3番 宮永

f:id:glasses_ghost:20200401225427j:image

チャンスFとチャンスメーカーを持ってるので1番にしたかったですがR.R.畠山がいたので3番に。

 

4番 原田

f:id:glasses_ghost:20200401225440j:image

いわゆる繋ぎの4番に近い感じですね。

相原もいいですが安定感を優先しました。

 

5番 相原

f:id:glasses_ghost:20200401225450j:image

まぁ主軸になりますよね。

選手層次第では3番もありかなぁ…

 

6番 佐藤

f:id:glasses_ghost:20200401225513j:image

1,2番もいいかなぁと思ったけどR.R.畠山がいたので。

まぁ全体的に見てたら6番がしっくりきました。

 

7番 モブ林

f:id:glasses_ghost:20200401225521j:image

こんなこと言いましたが7番にしました。

髙橋と恐怖の下位打線を担ってもらおうかと。

 

8番 髙橋

f:id:glasses_ghost:20200401225505j:image

わりと消去法に近い気もしますが。

まぁ捕手だしいいでしょう、恐怖の下位打線として存在感を(((

 

 

以上。

難しかったです。

内藤尚行(1993)【パワプロ2018】

 

ギャオス!


f:id:glasses_ghost:20200329222959j:image
f:id:glasses_ghost:20200329223006j:image

内藤 尚行(ないとう なおゆき、1968年7月24日 - )

再現年度…1993年(1勝0敗1S 防御率3.41)

 

説明不要!

 

査定

変化球

スラーブはオリ変で「ズライダー」という名前にしようかと考えましたが1993ヤクルトにはすでにオリ変持ちが2人いたので断念。

対強打者○、緊急登板○

Wikipediaより「1993年9月2日の中日戦では、延長15回裏に無死満塁のピンチからクリーンアップトリオアロンゾ・パウエル落合博満彦野利勝)を三者三振に斬って取り、引き分け再試合に持ち込んだ。この年の優勝争いは中日とのマッチレースで、前日の直接対決で敗れて首位奪回されていただけに、同年のヤクルト優勝にとっては重要なターニングポイントとなった。」

 

一言

いい塩梅になったと思います。

第7回合同リクエストの振り返り

 

第7回合同リクエストリクエスト主予想 - senのパワプロ日記

 

いつも通りそれぞれのリクエストを。

 

1.川久保智也

何かオシャレなお題でしたね(適当)。

打率のところとかはちゃんと考えなきゃいけない感じだったので当たらなくてよかったなぁと。

 

2.浜田健斗

選手の能力だけでなく人間性みたいなものも表現していて、かつ作るのは適度に難しいという印象を受けました。

こういうのがいいお題って言うんだなぁって思いました。

 

3.山添八壮

これが今回一番ヤバかったお題でしょう。

前回に引き続き柱さんは引きが悪いですね(色々と失礼)。

 

4.神無月神

合同テーマで出されてもいいようなお題に感じました。

具体的には能力を指定していないので作り手の個性が出そうですね。

 

5.加藤文春

僕が出したお題です。

今回は「文春砲」という言葉をベースに仕上げました。

幅を持たせなきゃなぁとか考えた結果ある程度文章を削りましたが、当初は「シーズン通して調子を維持できればバレンティン超えを狙えるポテンシャルもある」だとかそんな感じのことを書こうとしてました。

文春砲に引っかけて広角砲に誘導するのが理想だったんですが、作成難易度も上がるししっくりくる文章も思い付かないしで断念しました。

 

6.左右田良知

分かりやすいですが「内野安打が打ちたいんだよ!!!!」とかパワヒさんらしさも出たお題でしたね。

主予想を提出した頃の自分が何でこのお題をsawaさんだと予想したのか今でも分かりません(((

 

7.京極匠

僕が担当したお題です。

細かいところは選手記事を参照してください。

バント職人っていいよね。

 

 

主予想はいけすさんと並んで最高得点でした。

今回はもうちょっと考えたら行けたような気がして後悔してます。まぁいいか。

何か僕合同企画に強くないですかね(うぬぼれ)

 

 

以上。

伊東昭光【パワプロ2018】

 

チームトップの13勝で日本一に貢献


f:id:glasses_ghost:20200329222452j:image
f:id:glasses_ghost:20200329222500j:image

伊東 昭光(いとう あきみつ、1963年4月2日 - )

再現年度…1993年(13勝4敗2S 防御率3.11)

 

説明不要!

 

査定

変化球

最初はスラーブ5サークルチェンジ1シュート1(+シュート回転)にしてましたが、オーペナ回すと弱すぎたので修正。

スライダーは3種類投げてたらしい。

打球反応○

1996年に打球を右手で止めて骨折してしまった。

 

一言

作り直すの苦労した。

増渕隆一(第2回合同テーマリクエスト)【パワプロ2018】

 

詳しくはこちらを

第2回合同テーマリクエスト - senのパワプロ日記

 

2回目となる今回も合同テーマリクエスト企画に参加しました。

 

今回のテーマ

かつては速球派としてブイブイ言わせてたベテラン投手

 

僕の作った選手がこちら。


f:id:glasses_ghost:20200329222118j:image
f:id:glasses_ghost:20200329222125j:image

 

今回のテーマでは全盛期の頃の投球スタイル現在の投球スタイルの2つをどう表現するかで能力に差が出てくるかなぁと。

 

全盛期の頃の投球スタイルについて考える

速球派でブイブイ言わせてた=主力級の選手。これはまぁ間違いないでしょう。

考えるべきなのは「速球派」という言葉について。

ストレートを一番の武器とする「速球派」と呼ばれる選手にはだいたい下記の分類があると思ってます。

・豪速球タイプ

とにかく球が速い選手。

制球に課題がある場合が多い、というか制球がよかったら怪物とかそういう呼び方になる。

代表例…クルーンなど

快速球タイプ

球のノビがウリの選手。

「糸を引くようなストレート」などと表現されることも。

代表例…藤川球児など

・剛球タイプ

球の重さがウリの選手。

上記2つよりも最高球速は遅めだが先発型が多い気がする。

最近は少ないイメージ。

代表例…誰だろう?

今回は好みで全盛期は「快速球タイプ」の中継ぎ投手だったということにする。

 

そして現在の投球スタイルについて。

「(年齢のわりに)まだまだ衰えておらず今も速球派」か「ケガや衰えにより落ちた球速を補うべく技巧派に転向*1」が考えられるかな、と。

テーマを見て真っ先に浮かんだのが藤川球児五十嵐亮太なので今回は前者で。

豪速球タイプの場合後者だと大抵は復活出来ずに引退しそう。

剛球タイプはそもそも短命な気がする。

それに対して快速球タイプは球のノビさえ落ちなければ長年活躍出来るのかなぁと。

 

 

感想は後で書きます。

*1:ケガ→軟投派も含む

パワプロ2020の初報が出ましたね

 

少なくとも現時点で僕がどうこう言うようなことはないです!!!(何故このタイトルにした)

 

本題は今後の投稿予定などについて

・1993西武を作り始めました。

・終わったら2006オリックスを作ります。

・1993西武の選手がある程度出来るまでは架空選手や1993ヤクルトの選手をちまちま出していければいいかなと。

・息抜きでマイナー助っ人とかは作るかも。

 

以上!

 

 

2006オリックスは気力が続く限り二軍選手も作れればとは思ってます。

ラファエル・エステバン(オリジナル)【パワプロ2018】

 

最速163km/hの直球が武器の剛腕助っ人


f:id:glasses_ghost:20200313085416j:image
f:id:glasses_ghost:20200313085422j:image

ラファエル・エステバン(Raphael Esteban , 1990年3月21日 - )

 

・昨季AAAで34登板し、最速101.7マイルを記録したパワーピッチャー。

・制球力に課題があり、四球で自滅→ブチギレのパターンも多く、マイナーでくすぶっていたところをブラックパンサーズが獲得した。

・同じタイプの守護神でベテランの域に入りつつあるマルコスの負担を減らす役割や、次期守護神として期待される。

 

能力

基本的にはビエイラをイメージ(変化球はガンケルもイメージした)。

あとは適度に扱いづらく。

 

一言

作るのに苦労したけど好きな能力に出来たからよし。

山田勉【パワプロ2018】

 

セ・リーグタイの1試合16奪三振


f:id:glasses_ghost:20200313083812j:imagef:id:glasses_ghost:20200313083817j:imagef:id:glasses_ghost:20200313083823j:image

山田 勉(やまだ つとむ、1968年2月9日 - )

再現年度…1993年(10勝5敗2S 防御率3.32)

 

・大垣工業高校から1985年のドラフト5位でヤクルトに入団。制球難で長らくくすぶっていたが、スリークォーターにした所制球が安定。

・1990年オフにイースタン・リーグでの登板を見てその球威に惚れ込んだ当時ロッテ監督の金田正一が「あんなスケールの大きな投手をヤクルトが使わないのなら」とトレードを打診したのをきっかけに野村克也監督から注目される。1992年はA+級サリナス・スパーズに野球留学した。

・1993年にリリーフ投手として頭角を現す。抑え投手である高津臣吾の前を投げるセットアッパーとして、また時には先発投手として活躍した。9月10日の広島東洋カープ戦に急遽の先発ながら1試合16奪三振を記録(セ・リーグタイ記録)しプロ初完封を挙げる。シーズンでも10勝を挙げ優勝に貢献。

・ 1994年チームが低迷する中、2年連続10勝を挙げる。1995年セットアッパーとして優勝に貢献。1996年シーズン序盤に肘を痛め早々に戦線離脱、翌年も故障で満足な投球ができなかった。

・1997年オフにヤクルトを戦力外となり、渡米してMLBに挑戦するも果たせず、帰国して広島に入団。オフに再び自由契約

・1998年オフにダイエーへテスト入団し、前半戦は抑え投手として後半は谷間の先発として復活。優勝に貢献するも、2000年は一軍登板機会が無く、この年限りで引退した。

 

・引退後はプロゴルファーを目指しゴルフショップの支配人をしつつ、そのパワーを生かしてドラコン大会などに参加。2005年、第7回ドラコン日本選手権で優勝し、ラスベガスで行われたドラコン世界大会に日本代表として出場。また軟式野球のストロングリーグにも参加しており、日本代表のコーチも務めた。

 

査定

スタミナ、回またぎ○

完封も考慮してリリーフ中心にしてはかなり高めに。

実際は47登板(3先発)で中継ぎエースではありましたが、オーペナで投球回を再現しようと思ったら先中起用をしたりといった工夫が必要になります(回またぎしてくれない)。

変化球

フォークが一番の武器。

カーブは動画で見た感じでドロップカーブに。

乱調、調子極端

全登板を見て月別防御率とイニング別自責点を確認しました。それ以上でも以下でもない。

野手能力

だいたいこんな感じ。

10/2には自分の失点を取り返す決勝本塁打も放ってたりする。

 

一言

赤本ショップのせいで回またぎ○をつけて作り直すのに3日かかった。

外国人縛りペナント企画 おまけ

 

日本一に輝いた2030年のGBCです。


f:id:glasses_ghost:20200311195624j:image

 

パワナンバー[20200 90090 30741]

 

選手の順番の変え方はよく分からない。

ペナントの仕様上、この年で一度契約が切れて再契約した選手は入っていません。

また、この年のオフに自由契約や引退でチームを離れた選手は一部を除いて外してあります。

投手は二軍にも☆300超えが何人かいるので対戦する際には調子を見て入れ替えたりすると面白いと思います。

ベストオーダーはわりと適当。上述したように再契約になった選手がいないのでちゃんとした再現が無理。

 

威圧感持ちも結構いるのでぜひ苦しんでください(わりと勝てる)。

 

 

 

一言

再契約になった選手がいないとか関係なく中継ぎがサウスポーばっかりだということに今になって気づいた。

バランスなんてものはなかった。

追い求めるはロマンのみ その3

 

2021年度チーム成績f:id:glasses_ghost:20200307174850j:imagef:id:glasses_ghost:20200307174859j:image
f:id:glasses_ghost:20200307174908j:image
最下位なのは変わらないが、わりとマシになった方か。

2年連続で規定投球回到達0人と先発陣をどうにかしたいところ。

30本塁打超えは昨年同様村上とビヤヌエバの2人だけだったが、堂上と清水が過去最高の記録を残すなど全体的に好調だった。

ピックアッププレイヤー

前述の通り好調だった2人。f:id:glasses_ghost:20200307174917j:image
f:id:glasses_ghost:20200307174929j:image

タイトル獲得者

清水優心…ベストナイン捕手

上林誠知…ゴールデングラブ外野手

堂上直倫…6月月間MVP

甲斐野、澤村、清水、村上、堂上がオールスター選出。

 

2021年度ドラフト獲得選手

今年は野手を捨てて投手に絞った。

規約違反にならないことを願うばかり。

草柳寛和(22)

f:id:glasses_ghost:20200307174946j:image

寺川修光(24)

f:id:glasses_ghost:20200307174956j:image

城間英輝(22)

f:id:glasses_ghost:20200307175006j:image

大金達郎(21)

f:id:glasses_ghost:20200307175015j:image

 

 

新外国人選手

ダスティン・ハート(27)

 

 

自由契約

クリス・マレーロ(33)

 

 

引退選手

畠山和洋(39)

 

 

規約違反選手

堀岡隼人(23)

ルイス・ダウニー(29)

アデル・ウイルソン(23)

 

 

泥沼感。

1993年ヤクルトスワローズ【パワプロ2018】

 

アレンジチームの投稿です。


f:id:glasses_ghost:20200308195801j:image

 

パワナンバー [20700 60010 30450]

 

前年は日本シリーズで黄金期の西武相手に3勝4敗と惜しくも日本一に届かなかった野村ヤクルトだったが、ドラフトで伊藤智仁を獲得し投手陣の強化を図った。

接戦での強さが光り、9/28からの11連勝で一時首位の座を明け渡していた中日を突き放し、2年連続のリーグ優勝を果たした。

 

再び西武との対戦となった日本シリーズは前年同様最終戦までもつれこんだが、4勝3敗で西武を破り15年ぶり2度目の日本一に輝いた。

 

 

 

注意点

チーム音声を残したいのでユニフォーム等は今のヤクルトのままになっています。

選手の数を見てもらえれば分かるかと思いますが、全選手を収録しているわけではありません。「1993年に10試合以上出場した選手」のみの収録となります。

ベストオーダーの1番・中堅は前後年の成績なども加味して飯田哲也にしてありますが、1993年のみを見た場合は城友博を起用する方が正しくはあります(実際は併用されていた)。お気をつけください。

当時と現在の「投高」「打高」の違いもあり、ペナントで使用すると投手は実際よりも低く、野手は実際よりも高い成績を残す傾向がかなり強いです。

起用法は相変わらず雰囲気。

 

監督の野村克也さんは仮面町さんから、三塁コーチの大橋穣さんはペッぺさんが作成したものをお借りしました。

仮面町: パワプロ2018 野村克也 パワナンバー

大橋穣(阪急)【パワナンバー・パワプロ2018】 - パワプロ村

 

追い求めるはロマンのみ その2

 

2020年度チーム成績f:id:glasses_ghost:20200307174721j:imagef:id:glasses_ghost:20200307174733j:image
f:id:glasses_ghost:20200307174742j:image
圧倒的に最下位。

ミートを上げないように練習させていた結果、チームの守備力が13球団中1位になっていた。

反面投手は13位で、今季は規定投球回到達0人と相変わらずだった。

中継ぎ陣も全体的に調子を落としてしまったが、梅野が80登板とめちゃくちゃチームを支えていた。

30本塁打を超えは村上とビヤヌエバ。もう少し本塁打が欲しいところ(打撃は10位)。

ちなみにチーム首位打者は今季も梶谷で.273。

ピックアッププレイヤー

一番の戦力である村上宗隆。

何気に限界突破していた。f:id:glasses_ghost:20200307174758j:image

タイトル獲得者

ビヤヌエバゴールデングラブ三塁手

上林誠知…ゴールデングラブ外野手

村上宗隆…4月月間MVP

梅野、清水、村上、梶谷がオールスター選出。

 

2020年度ドラフト獲得選手

3球団重複の末クジを引き当て何とか目玉だった浦を獲得、二遊間の補強を目指していたため嬉しい結果に。

しかしそれ以外はパッとせず、唯一規約を満たしていた大学No.1投手は広島に取られていたため2名のみの指名となった。

"社会人No.1ショート" 浦(24)f:id:glasses_ghost:20200307174811j:image

"九州の大砲" 荒井(22)f:id:glasses_ghost:20200307174821j:image

 

 

自由契約

カーター・スチュワートJr.(21)

アーク・スコールズ(24)

岩本貴裕(34)

 

 

規約違反選手

黒木優太(26)

森井勝幸(27)

安藤卓摩(27)

ロディ・グールド(33)

アルジー・オールポート(27)

ディック・ボートン(24)

 

 

GBCと違ってこっちは日本一になれずに終わりそうな予感がする。

追い求めるはロマンのみ その1

 

2019年度チーム成績 f:id:glasses_ghost:20200307174448j:image
f:id:glasses_ghost:20200307174500j:image
f:id:glasses_ghost:20200307174510j:image

誰もが予想していた通り、最下位。

規定投球回到達は藤浪のみで防御率もリーグ最下位と先発陣の薄さが特に目立った。

期待が大きかった野手陣も思いの外打てておらず、30本塁打を超えたのは44本塁打を放った村上だけだった*1

ちなみにチーム首位打者は梶谷で.288。

ピックアッププレイヤー

チーム最多勝&最多HPの中村恭平

来期は先発としても期待。f:id:glasses_ghost:20200307174526j:image

タイトル獲得者

村上宗隆…新人王、ベストナイン一塁手

梶谷隆幸ベストナインDH

上林誠知…ゴールデングラブ外野手

桑原将志ゴールデングラブ外野手

モイネロ、梅野、ヘルウェグがオールスター選出。

 

2019年度ドラフト獲得選手

捕手を獲得したかったが、条件を満たしている(可能性がある)選手が少なく、魅力的な投手を獲得していたらめぼしい野手が全て指名されてしまった*2

現時点で森井はコントロール、金澤と小寺は球速が規約違反の恐れがあるがどうなるか。

"関西の怪童" 森井勝幸(26)f:id:glasses_ghost:20200307174536j:image

"広島の怪童" 安藤卓摩(27)f:id:glasses_ghost:20200307174550j:image

"九州のドクターK" 金澤茂利(22)f:id:glasses_ghost:20200307174604j:image

小寺保彦(24)

f:id:glasses_ghost:20200307174620j:image

 

 

自由契約

ケニス・バルガス(29)

ジョシュ・レイビン(31)

ロベルト・スアレス(28)

オスカー・コラス(21)

ライアン・クック(32)

 

 

規約違反選手

レドリー・ダウナー(30)

 

 

きつい縛りだなぁ()

*1:チーム2位はビヤヌエバの28本

*2:外国人ばっかりでやってたからドラフトが下手

京極匠(第7回合同リクエスト)【パワプロ2018】

 

もはや恒例になってきましたが、今回もSenさん主催の合同リクエスト企画に参加してきました。

今回担当することになったお題は、これまで担当したお題の中でも難しい方なんじゃないかなぁと思います。

 

詳しくはこちら

合同企画開催のお知らせ - senのパワプロ日記

合同テーマと打順決めの記事も時期が来たら投稿します。

 

他の参加者の方々(順不同)

Senさん

初めての方へ - senのパワプロ日記

柱さん

パワプロのこととかを書くブログ

いけすさん

いけすのパワプロブログ

ごえんだまさん

んmsg - ブロマガ

sawaさん

sawaのゲーム日和

パワヒさん

パワプロについて語るブログ

 

リクエスト内容

7. 名前:京極匠(きょうごく たくみ)
ポジション:捕手以外の野手

説明:一つの道を極めた「球界の職人」と呼ばれた男。
若い頃はチームの層がとても厚く出場機会に恵まれなかったが、28歳にして、
「このチームにはいない唯一の存在になろう」と決断。

集中力が人一倍高かったこともありプレッシャーのかかる場面やミスの許されない場面でも確実にこなすことができた。
40を間近にしたシーズン中に突如引退を表明。
チームも時がたつにつれて「職人」の彼に頼らずとも戦える力も整い「職人」としての潮時と感じて決断した。

現在は二軍にてコーチを努めている。

どんなタイプで何を極めたのかは想像におまかせします。

成績詳細:規定打席には一度も到達したことはない。
プロ入りも26歳と遅かった。
特殊能力は指定なしです。

 

 

 

まずはリクエストについて考える

とりあえず野手のオールドルーキーを調べてみる。

渡辺直人選手や川端崇義選手、坂本一将選手などがヒットした。

そして彼らは3人とも、平均以上の走力を持っていることが分かった。これは大事。

その上で「球界の職人」のイメージも考えてみる。

パワプロ職人といえば、守備職人かバント職人。しかし、プロ入りが遅い(=育成よりも即戦力としての期待が大きかったはず)にも関わらずチームの選手層に阻まれていたことから、守備力はそこまで突出していないと考えられる。ということで、バント職人としてその地位を固めたものとして能力を決めていくことにした*1

 

基礎能力編

打撃能力は低めに。

走力と守備力は上述した通り。

基礎能力はシンプルに。

 

特殊能力編

もちろんバント職人は確定。

スタメン起用は考えていないが、個人的な好みで意外性もつけたい(代打意外性を返せ)。

あとは雰囲気と勢いでつけていく。

 

とりあえずこれで作ってオーペナを回してみる。

 


f:id:glasses_ghost:20200307172948j:image

96打席で12犠打。

こんなもんでしょう。

 

仕上げ

年齢はなんとなくで32歳に。

晩成にしているので問題なく40間近まで現役を続けられるんじゃないかな。

 

作成選手

f:id:glasses_ghost:20200307172806j:image
f:id:glasses_ghost:20200307172817j:image

 

もうちょい強くしたかったけど、一つの道を極めたバント職人ということを考えるとこれくらいが限界かなぁと。

バント○の金特が欲しかったです。

だいぶ三輪正義選手のイメージも入ってます。

 

 

その他のリクエスト選手

Senさん

 

柱さん

【架空選手・パワプロ2018】山添 八壮(遊撃手)【パワナンバー・画像ファイル】 - パワプロのこととかを書くブログ

いけすさん

【合同リクエスト】左右田良知 (外野手) パワプロ2018 - いけすのパワプロブログ

ごえんだまさん

【パワプロ2018】第七回合同リクエスト企画に参加してきました:んmsg - ブロマガ

sawaさん

パワプロ2019 神無月神助(第7回合同リクエスト) - sawaのゲーム日和

パワヒさん

浜田健斗(第7回合同リクエスト)【パワプロ2019】 : パワプロについて語るブログ

 

 

一言

眠いので寝ます。

*1:守備よりもチームに技術を継承しやすいし