パワプロのやつ

パワプロ2018の再現選手とか

川井貴志【パワプロ2018】

 

「困ったときのボブ」


f:id:glasses_ghost:20190514171405j:image
f:id:glasses_ghost:20190514171413j:image

 

川井 貴志(かわい たかし、1976年9月16日 - )

再現年度…2002年(4勝1敗 防御率2.76)

 

・1998年にドラフト3位でロッテに入団。

・1999年にはルーキーながらリリーフとしてシーズン初戦に登板。6月6日には初めて先発として登板も、2回2/3を3失点で降板。

・2002年には小林宏之小林雅英と共に、一軍で勝利の方程式を形成。8回の小林宏・9回の小林雅につなぐセットアッパーとして、味方が中盤までに勝ち越した試合の7回を中心に、一軍公式戦51試合の登板で4勝1敗、防御率2.76という好成績を残した。

・翌年も中継ぎを中心に54試合に登板。

・その後徐々に成績を落とし、2006年途中に楽天へ移籍。

・2010年以降はほとんど中継ぎとしての登板だったが、先発ローテーションの選手が疲労や不調の場合に先発し、好投したことから星野仙一監督から「困ったときのボブ」と呼ばれるほど信頼されていた。

 

査定

回復B

51試合に登板。

緊急登板○

「困ったときのボブ」と呼ばれたのは楽天時代だが、字面で採用。

頼れるリリーフ感出るからいいよね。

 

一言

「困ったときのボブ」という言葉がすごく好き。